名古屋市で会社設立を自分でやるよりも安い方法

名古屋市で会社設立を自分でやるよりも安い方法

会社を設立したい。インターネットには色々な代行業者が広告を出しています。

大切な自分の会社、人に任せて良いのか?自分で会社設立するメリットとデメリットを見てみましょう。

名古屋市の法人登記は自分でやるよりも頼む方が安い?↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

会社設立、自分で行うメリットとデメリット

会社を自分で設立する費用は、株式会社の場合242,000円。

(定款認証印紙代40,000円、定款認証手数料が52,000円、登録免許税150,000円)

他にも必要な書類がたくさんあります。

定款を作るという専門的な仕事も。結構大変です。

名古屋市で会社設立、自分でするメリット

  • 代行業者に払う手数料が節約できる
  • 自分のスピードで手続きを進められる
  • 会社設立に関する専門的な知識を得る事ができる。

会社設立の際には定款を作成し、公証役場で認証してもらい、登録します。

定款の作成には専門的な知識が必要です。

しかし長い人生の中では良い勉強と思えるかも知れません。

名古屋市で会社設立、自分でするデメリット

  • 時間が掛かる
  • 代行業者に頼んだほうが費用が安い時が多い。
  • 会社設立に関する知識を専門家にいつでも聞ける。

会社設立の代行業者は電子定款をつかって定款の電子認証を行います。

これで認証印紙代の40,000が節約できるのです。

自分で会社設立を行うと思う人は、費用の節約もありますが、やっぱり自分ですべてを把握したいという気持ちもあります。

代行業者は定款を作成し、会社設立法人の登記を代行します。

また同時に色々な専門的な事を説明もしてくれます。

名古屋市で会社設立、代行業者が得?

名古屋市で会社設立、自分で行うより費用が掛からないのは代行業者を使うこと。

代行業者に頼むメリットはなんでしょうか?

  • 定款認証に伴う認証印紙代(40,000円)が掛からない分費用が安い。
  • 最も面倒だといわれる定款を作成してくれる。
  • 会社設立の手続きをすべてしてくれる。
  • 費用が安い
  • 時間も節約でき、本業に専念できる
  • 専門的な観点をもったアドバイスをしてくれる。
  • 専門的なことでも解らない事は教えてくれる。

定款作り、必要書類と自分で出来るソフトなども出ています。

しかし定款上、必要書類上で使わなくてはいけない専門用語など、専門家でないと解らない事も多いです。

名古屋市で会社設立代行業者の見極めるコツは?

会社を設立、登記を行った後には色々とやることがあります。

会社設立後に行う事

  1. 社会保険について年金事務所へ届出
  2. 地方税について地方自治体に届出
  3. 税務に関して税務署に届出

これは会社設立後すぐに行う事。それぞれに必要な書類が違います。

会社は設立だけでなくその後にも色々な事があります。代行業者を見極める際に設立後の支援をどこまでしてくれるか?を見極めましょう。

会社設立後に必要な支援

  • 資金調達の相談が出来る
  • 税理に関する書類作成、申請に支援がある
  • 法務に関する書類作成、申請に支援がある
  • いつでも相談が可能。

会社設立の代行は司法書士の仕事ですが、設立後は法務関係では弁護士、税理関係では税理士が専門家となります。司法書士だけでなく税理士、弁護士との関係を持っている代行業者を見つけるのがコツです。

 

名古屋市の法人登記は自分でやるよりも頼む方が安い?↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

 

  • 名古屋市 会社設立 行政書士
  • 名古屋市 会社設立 司法書士
  • 名古屋市 会社設立 税理士
  • 名古屋市 会社設立 即日