京都市で会社設立が格安でできるのはどこ?

京都市で会社設立が格安でできるのはどこ?

京都市で会社を設立したい。

自分で設立の登記を行うには「定款」や「認定」など専門的なことが多く、司法書士に代行を頼む方が色々なメリットがありそうです。

しかし実際に会社設立にはどのくらい費用がかかるのでしょうか?

京都市で会社設立が格安・最安でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

会社設立って一体どのくらい費用がかかるの?

気になるにのは代行業者に頼んだら手数料がどのくらい掛かるのか?と言う事。

代行業者を使わずに会社設立の費用はどの位掛かるのか?調べてみました。

 

株式会社の場合

定款認証印紙代が40,000、

定款認証手数料が52,000円、

登録免許税 が150,000円掛かります。

合計で242,000円です。

 

定款認証印紙代の40,000円は電子認証が出来ると掛かりません。

殆どの代行業者はこの電子認証が出来るソフトを持っています。

個人で購入する事も出来ますが、印紙代と同じくらいの料金が掛かってしまいます。また料金以外にも煩雑な提出物が必要です。

 

代行業者に頼む場合には電子認証印紙代は掛かりませんが、代わりに電子認証手数料、代行を行う司法書士手数料、代行業者に払う手数料が掛かってきます。

まだ何も事業を始めていない、お金をもうける前にまず242,000円かかるんです。

 

合同会社の場合

こんなにお金を掛けたくない、では費用が一番安い合同会社の場合には幾らかかるのでしょう。

 

定款認証収入印紙代が40,000円

登録免許代が60,000円。

合計100,000円で会社設立が可能になります。

でもこれは自分で行った場合。

会社の所在地の管轄の法務局がどこにあるのかを調べて、必要書類をすべて揃え、間違いが無いか確認して登録しなくてはいけません。

 

会社設立、どこが格安の代行業社?

自分で行っても株式会社の場合、242,000円は掛かってしまう会社設立費用。

代行業者に頼むとこのほかに手数料が掛掛かってしまうと、敬遠しがちです。

インターネットを見ているとたくさんの代行業者が、

「自分で設立登記するよりも安く出来ます」と歌っています。

どんな仕組みになっているのでしょうか?

 

京都市で会社設立 格安と言われている所の4つの特徴は?

 

司法書士事務所ではなく税理士の事務所が多い。

会社設立だけを頼むと費用は高くなる。

設立後の税理士顧問費用とセットにすると格安になる。

定款の作成に電子定款を使っている。

 

多くの税理士事務所が、会社設立代行を格安で行っています。

電子定款を使うことで定款収入印紙代40,000円分は安くなります。

会社は設立するだけでなく、その後事業展開していかなければいけません。

その際に依頼するのが税理士です。

会社の経営状況のチェック、税務申告など、様々な事に随時対応してくれるのが税理士の仕事です。

会社設立を格安で行う代行業者は、その後の税理士顧問と組み合わせてかなりの値引きを行っているのです。

 

会社設立、選び方のコツは?

インターネットで良く見る格安会社設立代行は、電子定款を使うことで40,000円は安くなります。

ですから本当に格安な代行業者は、そこからさらにどこまで安くしてくれるのか?です。

 

会社設立後の税理士顧問との組み合わせで、会社設立の初期投資を安く抑える事が出来ます。

会社を起こし、運営が順調に行える様になるまで、資金調達からさまざまな補助金、助成金なども合わせてサポートしてくれる所を見つけましょう。

税理士事務所の中には、弁護士の知識が必要な法務に関する質問にも対応してくれる所も在ります。

会社は出来たけど、その後の税の申告、保険の申請など専門家の支援は必要になります。

顧問税理士の代金と、受けられるサービスの内容を確認して自分の会社にあったところを選ぶ事です。

京都市で会社設立が格安・最安でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 京都市 会社設立 おすすめ
  • 京都市 会社設立 見積もり
  • 京都市 会社設立 口コミ