大阪市で会社設立が即日最短でできる業者は?

大阪市で会社設立が即日最短でできる業者は?

会社設立は代行業者に頼むのが、時間も費用も節約できるし、専門知識が無くても大丈夫と言われています。

会社設立を最短で行うにはどうしたら良いでしょうか?

法人設立登記が最短1日でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

大阪市で会社設立、1日で出来るの?即日対応は可能?

定款を作成し、印鑑証明を取り、様々な書類を法務局に提出して会社設立の登記を行います。

良くインターネットで即日対応、1日で出来ると書いてあります。

実際に1日で会社設立可能でしょうか?

可能なんです。条件が揃えば。ではその条件を見て行きましょう。

 

定款作成 

定款は会社の憲法のような物です。

定款の一般的な雛形を使い作成すれば時間はあまり掛かりません。

作成の際に「前各号に附帯または関連する一切の業務」と書き込む事を忘れずに。

書き忘れた事業内容、将来新たに展開したい事業内容を加える事が可能です。

出来た定款を公証役場で認証してもらいます。

代行業者に頼むとこの定款の作成、認証を電子定款として作ることが可能で、収入印紙代、40,000円が節約できます。

 

発起人全員の印鑑証明書を入手

発起人は定款作成、および登記申請に必要な書類に署名、押印します。

この印鑑がきちんと登録されている物か証明しなくてはいけません。

 

発起人設立による資本金の払い込み

会社を興す資金を証明する物です。

発起人設立の場合には新しく銀行口座を開設し、そこに普段自分が使っている口座から資本金を振り込みます。

振り込まれた通帳のコピーを資本金の払い込みの証明に使うことが出来ます。

 

募集設立の場合、発起人以外の人たちから資金を振り込んでもらいます。

その場合別段預金口座を開設し、振込み補完証明書を発行してもらうことになります。

この別段預金口座の開設が銀行によっては2-3日掛かる事もあります。

 

認証された定款、資本金の払い込みが証明できる通帳のコピーと共に登記申請を法務局で行います

資本金の払い込みが証明できれば、登記申請した日が会社設立の日になります。

 

大阪市で会社設立を即日やってくれる所は?

このような形で即日会社の設立が可能です。

 

大阪市でも即日で会社設立を代行してくれる所はあります。そして殆どの代行業者が希望すれば即日で設立登記を行います。

しかしそれには

  • 電子定款を利用する。
  • 必要な印鑑証明書がある。
  • 発起人設立による会社設立で資本金が振り込み可能。

と言う条件が出て来ます。

また前もって会社の印鑑、代表印や銀行印それに角印を作ってあれば良いですが、作っていない場合、発起人の個人印(実印)が会社の代表印となってしまいます。

後日改印登録をすることは可能ですが、手間が掛かります。

 

会社を設立確かに即日で可能ですが、その前には色々と準備が必要ですね。

法人設立登記が最短1日でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki