自動ドアが開き店内に入ると「いらっしゃいませ」という持本香織(もちもとかおり)さんの声が聞こえた。心が少し嬉しくなった。コンビニエンスストア「高本」でしか会えないというか、微妙な関係であるが俺は彼女に興味があった。
店内を回りながら、チーズ鱈とプリンを持ちレジへ向かう。
チーズ鱈はそもそも持本さんにお勧めのおつまみは何ですかと会社設立のときに問いかけたらこれが美味しいと教えてくれたので、今では俺自身もお気に入りのつまみとしている。

「いえいえ」と答える俺であったが、内心は厨房に消えた持本香織さんが気になった。
ポイントカードを財布に戻し長居はするつもりはなく店を出ようとした。すると、自動ドアのところにコロッケ100円セールというポスターの隣に、特殊能力開発センターのポスターが並ぶように貼ってあった。