八千代市で格安の会社設立をするにはコツがある

 

八千代市で会社を設立したい、誰もが夢見る権利があります。いや、夢ではなく、現実に八千代市で会社設立を目指すのは、
誰もが出来ることなのです。では八千代市で会社設立をするならばどのような準備が必要でしょうか。
どこに会社を作ろうか、名前はどうしようか、規模はどうするか、と考える前に実務的なことが挙げられます。

それは会社設立の登記です。登記には「定款」や「認定」など専門的なことが多く、司法書士に頼み手早く終わらせたいと、
考えるでしょう。八千代市での会社設立は他にも様々な手続きが予想される為、作業は少ない方が良いからです。
しかし今後の事も考え格安にしたいのは事実です。では会社設立ではどのくらい費用がかかるのでしょうか?

 

八千代市で会社設立が格安・最安でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

 

会社設立って一体どのくらい費用がかかるの?

 

八千代市での会社設立でまず思い浮かぶのは、代行業者に頼んだら手数料がかかるのでは、という事でしょう。
自分で全てやれば慣れなくて多少の時間はかかるかもしれませんが、代行業者に頼むより安く済む気もします。
ということで、まずは代行業者を使わない場合会社設立には費用がどの位かかるのか、を調べてみました。

 

株式会社の場合

 

収入印紙代が40,000、

定款認証手数料が52,000円、

登録免許税 が150,000円掛かります。

合計で242,000円です。

 

八千代市でなくとも会社設立では定款に貼る収入印紙代の40,000円がかかりますが、実は電子認証ではかかりません。
現在、殆どの代行業者はこの電子認証が出来るソフトを持っています。八千代市の代行業者も例外ではありません。
個人でそのソフトを購入すれば結局、収入印紙代と同額程度の金額なので印紙代を払うほうが良い、ということになります。

代行業者に頼めば電子認証となる為、収入印紙代はかかりません。
会社設立とはこれから会社を興す、という状態です。つまりまだ儲けもなにもない状態です。
準備の段階で242,000円を用意してなくてはならないのが会社設立なのです。

ただ八千代市で会社設立を頼む代行業者によっては収入印紙代はかからなくても代わりに電子認証や司法書士手数料といった、
様々な名目の手数料を要求してくる代行業者もいますから、依頼先次第で料金は上下してくるということなのです。

 

合同会社の場合

 

八千代市での会社設立はいつどんな出費が今後あってもいいように、なるべく格安でいきたい、
会社設立はなるべくお金を掛けたくないというのが共通する考えだと思います。
では費用が一番安い合同会社を八千代市で会社設立する場合の費用も比べてみることにしました。

 

収入印紙代が40,000円

登録免許代が60,000円。

合計100,000円と株式会社より格安に会社設立ができます。

 

金額は株式会社の場合より安くはなりますが、合資会社でも自分で行う諸手続きは沢山あります。
会社の所在地の管轄の法務局を調べ、必要書類を全て揃え、間違いが無いか確認して登録、目の回る忙しさです。

 

会社設立、どこが格安の代行業社?

 

自分で行うと株式会社の場合は242,000円がかかり、煩雑な事務手続きもある会社設立ですが、
代行業者は電子認証で収入印紙代が浮いても、様々な手数料を請求されるのでは、と心配になります。
しかしインターネットでは沢山の代行業者が「自分で会社設立するよりも安い」と宣伝しています。

自分ではなく、代行業者を介しての会社設立の方が格安に、不思議な話です。
一体どんな仕組みで代行業者は会社設立を格安にしているのでしょうか?

 

八千代市で会社設立 格安と言われている所の4つの特徴は?

 

八千代市で会社設立を代行業者に頼んで格安になるのには、実は訳があります。
会社設立で必要な登記は司法書士がするものですが、依頼先を税理士事務所に頼むと格安になるというのです。
実は税理士事務所では司法書士も雇っている所も多いので会社設立を依頼しても違法行為になることはありません。

つまり会社設立だけを司法書士事務所に頼むと登記までのお付合いで結局、会社設立後に諸手続きで税理士が必要となるのです。
新たに税理士事務所に頼むより会社設立後を見据え税理士顧問と司法書士をセットにして格安を実現しているのです。
この場合も収入印紙代の40,000円がかかりません。

多くの税理士事務所が、会社設立後のケアなども同時に契約してもらうことで会社設立の代行を格安で行っています。
そういう税理士事務所は電子認証で収入印紙代の40,000円分がかからず格安になる努力もしているのです。
会社設立は設立時だけに代行業者が必要という訳ではなく、その後事業展開でも顧問として税理士が必要になります。

会社の経営状況のチェック、税務申告など、様々な事に随時対応してくれる税理士は必要不可欠な為、
会社設立を格安で行う代行業者は、その後の税理士顧問と組み合わせて値引きをし格安代行を実現しているのです。

 

会社設立、代行業者の選び方のコツは?

 

インターネットで良く見る格安で会社設立を宣伝する所は、電子定款の使用で収入印紙代の40,000円を安くしています。
ですから更に格安な代行業者を選ぶには、そこからどこまでをその代行業者が安くしてくれるのかに注目をすべきなのです。

会社設立後の税理士顧問との組み合わせで会社設立の初期投資を安く抑えるのも格安の代行業者を選ぶコツです。
会社設立をし運営が軌道に乗るまでの資金調達から様々な補助金、助成金などもサポートしてくれる所がおすすめです。
他にも税理士事務所では、法務に関しては弁護士が質問に対応してくれるなど多種多様なサービスをする所もあります。

会社設立後も、その後の税の申告、保険の申請など専門家の支援が必要になる場面はいくらでもあります。
顧問税理士の代金と受けられるサービスの内容が自分の会社に合う所を選ぶのが格安の会社設立を実現するコツなのです。

とは言っても初めての会社設立でやらなければならないことも多く、気の遠くなることもあるでしょう。
そのように心細い状況でもあるかと、八千代市での格安の会社設立の情報を載せておきました。
こちらの情報を見ることであなたの八千代市での会社設立が格安になるお手伝いができたら、と心より願っております。

 

八千代市で会社設立が格安・最安でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

八千代市で会社設立が格安でできるのはどこ?

八千代市で会社を設立したい。

自分で設立の登記を行うには「定款」や「認定」など専門的なことが多く、司法書士に代行を頼む方が色々なメリットがありそうです。

しかし実際に会社設立にはどのくらい費用がかかるのでしょうか?

八千代市で会社設立が格安・最安でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

会社設立って一体どのくらい費用がかかるの?

気になるにのは代行業者に頼んだら手数料がどのくらい掛かるのか?と言う事。

代行業者を使わずに会社設立の費用はどの位掛かるのか?調べてみました。

 

株式会社の場合

定款認証印紙代が40,000、

定款認証手数料が52,000円、

登録免許税 が150,000円掛かります。

合計で242,000円です。

 

定款認証印紙代の40,000円は電子認証が出来ると掛かりません。

殆どの代行業者はこの電子認証が出来るソフトを持っています。

個人で購入する事も出来ますが、印紙代と同じくらいの料金が掛かってしまいます。また料金以外にも煩雑な提出物が必要です。

 

代行業者に頼む場合には電子認証印紙代は掛かりませんが、代わりに電子認証手数料、代行を行う司法書士手数料、代行業者に払う手数料が掛かってきます。

まだ何も事業を始めていない、お金をもうける前にまず242,000円かかるんです。

 

合同会社の場合

こんなにお金を掛けたくない、では費用が一番安い合同会社の場合には幾らかかるのでしょう。

 

定款認証収入印紙代が40,000円

登録免許代が60,000円。

合計100,000円で会社設立が可能になります。

でもこれは自分で行った場合。

会社の所在地の管轄の法務局がどこにあるのかを調べて、必要書類をすべて揃え、間違いが無いか確認して登録しなくてはいけません。

 

会社設立、どこが格安の代行業社?

自分で行っても株式会社の場合、242,000円は掛かってしまう会社設立費用。

代行業者に頼むとこのほかに手数料が掛掛かってしまうと、敬遠しがちです。

インターネットを見ているとたくさんの代行業者が、

「自分で設立登記するよりも安く出来ます」と歌っています。

どんな仕組みになっているのでしょうか?

 

八千代市で会社設立 格安と言われている所の4つの特徴は?

 

司法書士事務所ではなく税理士の事務所が多い。

会社設立だけを頼むと費用は高くなる。

設立後の税理士顧問費用とセットにすると格安になる。

定款の作成に電子定款を使っている。

 

多くの税理士事務所が、会社設立代行を格安で行っています。

電子定款を使うことで定款収入印紙代40,000円分は安くなります。

会社は設立するだけでなく、その後事業展開していかなければいけません。

その際に依頼するのが税理士です。

会社の経営状況のチェック、税務申告など、様々な事に随時対応してくれるのが税理士の仕事です。

会社設立を格安で行う代行業者は、その後の税理士顧問と組み合わせてかなりの値引きを行っているのです。

 

会社設立、選び方のコツは?

インターネットで良く見る格安会社設立代行は、電子定款を使うことで40,000円は安くなります。

ですから本当に格安な代行業者は、そこからさらにどこまで安くしてくれるのか?です。

 

会社設立後の税理士顧問との組み合わせで、会社設立の初期投資を安く抑える事が出来ます。

会社を起こし、運営が順調に行える様になるまで、資金調達からさまざまな補助金、助成金なども合わせてサポートしてくれる所を見つけましょう。

税理士事務所の中には、弁護士の知識が必要な法務に関する質問にも対応してくれる所も在ります。

会社は出来たけど、その後の税の申告、保険の申請など専門家の支援は必要になります。

顧問税理士の代金と、受けられるサービスの内容を確認して自分の会社にあったところを選ぶ事です。

八千代市で会社設立が格安・最安でできるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 八千代市 会社設立 税理士
  • 八千代市 会社設立 口コミ
  • 八千代市 会社設立 自分で