会社設立登記は弁護士でも代行窓口に!長岡市で人気の弁護士事務所

会社設立の手続きは、自分でするよりも登記代行業者に依頼する方が費用が安くなると言われています。

長岡市で会社設立を考えている人にとっては時間も手間も、そして費用も節約できるのですから、できれば優秀な代行業者に依頼したいものですよね。

会社設立や法人登記の代行は司法書士が専門士業として行う仕事ですが、最近では、長岡市に限らず全国的にインターネットで見かける会社設立代行を請け負ってくれるほとんどの代行業者は、弁護士事務所や税理士事務所となっているのです。

司法書士しかできない会社設立登記手続き代行なのに、なっぜ税理士事務所や弁護士事務所が大々的に宣伝しているのでしょうか?

長岡市で法人設立登記の評判が良い弁護士はこちら↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

長岡市で会社設立登記代行業務は弁護士事務所でできる?

弁護士事務所でも会社設立代行業務は可能なのか?

弁護士事務所で会社設立代行業務を請負ってくれる場合がありますが、実は、代行業務依頼を受けると弁護士事務所から予め提携している司法書士に依頼したり、または委託契約を結ぶことがほとんどなのです。

会社設立に必要な定款をはじめ重要書類の作成や手続き代行は、司法書士しかできない仕事だからなのです。

弁護士事務所から司法書士へ業務を委託しても、実は費用は安くなるのです。

その理由のひとつが専門業者が使用している電子定款の電子定款認証を行っているため、通常かかるはずの認証印紙代40,000円がかからず、結果的に費用の節約につながることができるのです。

会社設立で弁護士が行う4つの仕事とは?

1 法的な問題を未然に防ぐ

弁護士の主な仕事には、法的な問題が生じた時や、訴訟や裁判沙汰になるような問題が出てきた時になって初めて委任するものと思われがちですが、実は、弁護士の最大の仕事は、法的な問題が起こる前に未然に防ぐ手立てや対策を取ることなのです。

2 会社設立後でも法的な相談に乗り、問題解決に導く

新しい事業を起こしたり、資金面のやり取りなどで弁護士に相談することによって、今後の事業運営が円滑に進むことがあります。これには、弁護士による専門的な視点から、適切な助言や指導があることが大いに起因しています。

法的対処や別途認可が必要な事業、契約書の作り方なども指導し、サポートしてくれるので、問題が起こることは極端に少なくなるはずです。

3 会社での法務アドバイスを行う

新しく設立した会社で社員を雇った場合や募集設立によって株主がいる場合など、労務をはじめ、株式総会、知的財産など法律に則したルールが必要な場面はいくつでも想定できます。

社内、株主、社外においても専門家の目から適切なアドバイスをしてくれるため、ムダな摩擦や問題を回避することができます。

4 助成金や補助金を含めた資金繰りについてもアドバイスを行う

会社設立から事業を順調に展開てい来るようになるまで、色々と資金面の事を相談したり、アドバイスを行うこkとによって、会社設立時から適切な支援を行ってくれます。

事業開始や事業展開には、大きな資金とも大きなリスクも伴います。そのリスクを最小限に抑えるアドバイスもしてくれるので、企業家にとってはとても心強い存在なのです。

 

長岡市の会社設立登記代行で人気の弁護士に共通する3つの特徴とは?

長岡市で、会社設立代行や登記代行を、まず弁護士に相談してそのまま依頼する企業家が多いのはなぜなのか不思議ですよね。

実は、まず弁護士に相談依頼するにはそれだけの理由があるようなのです。早速、その理由をご紹介致しましょう。

弁護士だけでなく、専門知識を持つ士業の人たちが周りに必ずいる

弁護士事務所の多くは、司法書士や税理士、また社会保健労務士といった法律以外の専門分野の知識を持った人たちと提携を組み、チームを組んでいる場合が多いのです。

そのため、あくまで弁護士事務所は依頼窓口であり、実際に作業するのは依頼内容に即した専門家たちが取り組んでいるのです。

会社設立後も順調に成長していくのを見守ってくれる

会社設立や法人登記にばかり気が行ってしまいますが、実は設立登記後にも社会保険、労務関連など事業を始めるための必要な届出が多く控えているのです。

弁護士事務所では、届出る書類のチェックや確認をしてくれるので、設立後も順調に事業を展開していく様子を見守ってくれることになります。

時には、法律家としての専門的な視野からアドバイスをしてくれる場合もあるのです。

事業資金や増資などの資金調達に関してもアドバイスをしてくれる

会社を設立する時には資本金の調達、事業展開や設備投資には事業資金の借入や増資などを行なって、資金を調達していかなくてはなりません。

弁護士事務所では、展開する事業に関連した助成金や補助金の紹介したり、銀行をはじめとする金融機関からの融資の受け方などの指導を受けることもできます。

「弁護士」と聞くと何かと敷居を高く感じてしまいがちです。

何かしらの事件や困ったことが起きない限りは依頼や委任することはできないと思っている人は多いかもしれません。

しかし、弁護士の法人や企業に対しての仕事には、会社設立、法人登記、そして設立後のスムーズな事業展開ができるような取り計らいやアドバイスまでも含まれており、大変身近な存在なのです。

弁護士事務所に会社設立代行依頼することによって、弁護士と言う強い味方を見つけるきっかけにすることができ、設立後は顧問として継続契約してしまえば企業家はさらにビジネスに専念できる環境を整えることができるのです。

弁護士事務所を通じて、さらにスムーズに会社運営できるように各専門分野の士業の人たちと繋がりを持っておくように利用者もある意味努力が必要なのかもしれませんね。

長岡市で法人設立登記の評判が良い弁護士はこちら↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 長岡市 会社設立 行政書士
  • 長岡市 会社設立 税理士
  • 長岡市 会社設立 即日
  • 長岡市 会社設立 司法書士