奈良市で会社設立登記費用の見積もり額はいくら?人気の代行事務所とは?

奈良市で会社を設立するのは、一生に一度か二度と滅多にあることではありません。

もっとたくさん作っても良いじゃないかという人もいるかもしれませんが、会社を責任もって背負うということは相当の覚悟がないと決断できませんよね。

もちろん、奈良市でも会社を設立しようと考えている人はいますよね。

奈良市で会社を設立する場合は、会社設立登記の手続きを自分で行うよりも代行業者に依頼する方が費用だけでなく、時間や手間も節約できると人気があることをご存知ですか?

インターネットで奈良市にある会社設立登記の代行業者を探すと、司法書士、税理士事務所、弁護士事務所と専門的な士業の事務所の多くが代行業務を請け負っているようです。

会社設立登記費用が安くなると言っても、どのくらい安くなるのか見積もりを取ってみたい人も多いかもしれませんね。

それでは、奈良市会社設立登記の手続き代行費用の見積もりが欲しい時は、どうしたら良いのかご紹介しましょう。

法人設立登記が0円でサポートまでしてくれるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

まず会社設立に必要なものを確認しよう

会社設立登記費用の見積もりは、設立する会社の規模や資本金、本店所在地、発起人の人数などによって費用は変動することがあります。

また登記手続きを代行する時には、担当してくれる司法書士から指示をしてもらうことはできますが、設立申請に必要な書類や資料などは依頼者の方で揃える必要があります。

まずは、書類や資料を揃える前に会社設立に最低限必要な物を確認しておきましょう。

 

会社の印鑑は3種類必要

会社代表印

登記申請をする時に法務局に登録する印鑑です。

会社の実印にあたり、重要書類の捺印や取引先との契約、登記申請に使用され、印鑑の中ではもっとも法的効力を持つ印鑑になります。

保管場所や保管方法には注意が必要です。

 

会社銀行印 

銀行印は法人の銀行口座の開設、手形、小切手などに使用し、会社の資金などの管理に使用します。

会社の運営資金ともなれば高額になるため、防犯の為にも代表印と別の印鑑で準備しましょう。

 

社印 

会社名が入った認印で、角印とも呼ばれます。

日常業務で発行する見積書や請求書などに使用します。

 

補足になりますが、会社名や住所、代表者名などが彫られたゴム印は必須の印鑑ではありませんが、事前に作っておくととても便利なので余裕があれば上記の3つの印鑑を作成する時に作っておくと良いでしょう。

 

発起人の印鑑証明

会社設立の申請時には、取締役などの発起人となる人の印鑑証明が必要となります。

印鑑証明はすでに管轄の市町村で登録されている発起人の実印を登録したものになりますが、会社の発起人(創業メンバー)の署名、押印が会社設立登記の書類には必要になるため、その身元証明として取り扱われることになります。

会社設立登記に必要な各種書類に押印する印鑑が公式に印鑑登録されていて、発起人となる人の身元を証明する必要があるのです。

 

印鑑証明は、印鑑登録を受け付けている市町村役場の窓口で登録でき、、同時に印鑑証明書を発行してもらうことができます。

例えば、発起人が6名の場合、6人それぞれの印鑑証明が必要になり、その中の一人が取締役となる場合には取締役になる人の印鑑証明がもう1通必要となるので印鑑証明を発行する際には発行部数には注意しておきましょう。

 

定款

新しく設立する会社の概要を正式に定めたものになります。いわゆる、会社の憲法に当たるものです。

会社の正式名称(商号)、本店所在地、発起人の氏名や住所、事業内容など会社設立に際して会社の骨格となり、今後どのようなビジネスを展開していくのかといった事項を記載します。

 

登記申請書各種書類や議事録

会社設立登記には、取締役や監査役の選任決定書、そして実際にその役職に就任する人の就任承諾書といった専門的な書類が数多く必要になってきます。

先に紹介した定款と会社設立登記に関する専門書類には、専門的な知識を必要とする場合が多く、代行業者のほとんどがこの定款の作成と関連書類の作成、チェック、サポートが主な委託業務内容としています。

定款の作成、専門書類の作成、そして必要書類を不備なく揃えるには、素人にはハードルが高すぎるため、どうしても専門家の力が必要になってきます。

出資金 

会社設立や事業を始めるための資金のことになります。

会社設立をはじめ企画、運営、事業展開を行なう人の個人口座に振り込まれた証拠資料が必要になってきます。

奈良市で会社設立する代行業者に見積もり段階で確認される事項とは?

インターネットで確認する限り、奈良市をはじめ、全国の多くの会社設立代行業者には、「会社設立パック」などすでにすべての手続き費用を一括にまとめたパック料金が設定されていることが多いようです。

しかし、ただ「このパック料金でお願いします」と気軽に代行を依頼することはできません。

ほとんどの会社設立登記代行業者に見積もりをお願いすると、どんなないようの会社設立なのか確認される事項が必ずあるのでご紹介しておきましょう。

 

・会社設立をする場所、施行予定地や業務を行う場所の確認

・設立する会社の発起人の人数

・今後展開していく会社の事業内容の確認

・現段階で想定している会社の規模や年収を見込み

・連絡の方法(直接面談、それともメールによる打ち合わせ方法など)

・代行費用見積もりの依頼期限の確認

・代行費用見積もりの回答期限

・資金調達となる助成金の申請やや会社設立後の経理支援、社会保険や労働保険の支援などの会社設立登記手続き代行以外の各種支援やサポート、助言の希望の有無 

・他の競合代行業者にも見積もり依頼、比較を検討しているか

電話や直接相談に行って見積りを依頼することも可能ですが、最近では代行業者のホームページやメールに必要な情報を入力、送信するとその地域のいくつかの代行業者へ一斉見積りができる比較サイトやシステムも充実してきているので賢く利用してみましょう。

 

実は、会社設立登記の代行手続き業者の多くは会社設立だけでなく、設立後の経理支援や書類作成、それに法務や税に関するサポートを行う顧問士業として契約を継続しています。もちろん、税理士事務所や弁護士事務所の将来的な安定収入を見越して格安で請け負うのですが、設立会社側にとっても会社設立後に専門家の支援を得られるので、双方にとって有効なシステムになっていると言えますね。

 

奈良市で会社設立代行費用の見積もりをすぐに出してくれるおすすめの代行業者は?

会社設立は設立後に展開する事業内容や発起人の人数によって、揃える必要書類が変わってきます。そのため、代行業者も、設立される会社の詳細内容がしっかりとできるまで代行費用の見積りがなかなか出せないものです。

相談依頼者から聞いた確認事項をもとに、インターネット上で一つ一つ必要情報を入力しながら、会社設立後に希望する各種サポートやフォロー対応ができるのか、また設立後のフォローには別途費用が掛かるのか、希望するフォロー体制であれば顧問費用はどのくらいになるのかなどを確認しながら、各代行業者では見積もりを作成していくはずです。

 

設立する会社の規模や設立後に希望する支援などによって見積もり作成にかかる所要時間が変わってくることがほとんどエスが、簡単な依頼内容であれば即日で返事をくれる代行業者も多くあるようです。

見積もりが早く欲しい場合は、設立する会社の情報や希望するサービス内容などを的確に伝えることも大切なので、依頼者側も事前に伝えたい情報をリストアップするなど準備しておくとよいでしょう。

法人設立登記が0円でサポートまでしてくれるのはここだけ↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 奈良市 会社設立 即日
  • 奈良市 会社設立 おすすめ
  • 奈良市 会社設立 口コミ