品川区で会社設立におすすめ!人気の司法書士ランキング

ご存知でしたか?

品川区だけに限らず日本全国どこでも、自分で会社設立登記手続きしたとしても、総額で240,000円ほど掛かると言われています。

自分で手続きをしても240,000円も掛かるだけでなく作成する書類が専門的知識を必要とする場合も多いので、ここは代行で登記手続きをしてくれる専門家に依頼した方がよさそうです。

実際、品川区でも多くの企業家がこの代行事務所に依頼して会社設立をしてるようです。さらに、会社設立代行業者に依頼する方が、自分で手続きをするよりも費用を安くすることができるとも言われています。

そうなると、代行依頼費用が掛かるとしてもスムーズに登記手続きをしたほうがお得になるというのですから、品川区でもできれば評判の良い代行事務所に依頼したいですよね。

実は、会社設立登記代行は、さまざまな専門士業の中でも司法書士だけがすべての手続きを代行することができるため、できれば司法書士がいる代行事務所に依頼しなくてはいけないようです。

品川区で会社設立ランキング1位↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

品川区で会社設立代行は司法書士だけの専門分野

会社設立の代行事務所が自分で行うよりも安い料金で請け負うことができる理由のひとつが、電子定款を使って電子定款認証を行うことが挙げられます。

最近では多くの税理士事務所や弁護士事務所が会社設立の代行の窓口となって相談に乗っていますが、実は会社設立登記手続き代行ができるのは司法書士だけの専門分野なのです。

そのため、品川区に限らず多くの税理士事務所や弁護士事務所は、会社設立代行を請け負うと提携している司法書士に依頼したり、自所で雇用している司法書士が行うことになります。

会社設立代行できる司法書士の仕事とは?

会社設立登記や運営には、さまざまな士業が関わってきます。たとえば、税の専門家である税理士、法律の専門家である弁護士などその士業名から専門分野が分かりますね。

でも、一体司法書士はどんな仕事を専門分野にしているのでしょう?

司法書士の仕事は多岐に渡りますが、会社設立登記をはじめ様々な手続きの専門とし、一般市民が法的な手続きや公的文書を作成する際にアドバイスすることを専門にしている士業になります。

不動産登記

土地、建物などの不動産に関する登記、売買、贈与、財産分与、地上権、借地権の登記などに必要となる書類作成や申請手続きをします。興味深いのが住宅ローンを組み直しや完済した時も、所有者変更手続きや登記が必要になってくるので司法書士が手続き申請もします。

法人や商業登記手続き

今回ご紹介している会社設立登記手続きをはじめ、各種法人、役員の変更、資本金増加、事業内容の変更や合併や解散などについても司法書士が手続きをします。

裁判所や検察庁へ提出する書類作成

調停や和解申立書、家庭裁判所、各種審判などへの申立書、自己破産、民事再生申立書などの書類作成も司法書士が作成することができます。

品川区で会社設立代行を熟知した司法書士を探すには?

インターネットで「品川区、会社設立、司法書士」と検索すれば、品川区にある会社設立代行の司法書士の事務所や会社を探すことができます。

会社設立手続きを代行してもらうだけであれば司法書士で問題ありません。

しかし、会社設立後には、税務の申請、各保険の申請など各管轄する公的機関へさまざまな届け出が必要になってきます。そうなると、専門知識を持った専門家のアドバイスやサポートは不可欠になってきます。

そのため、会社設立後のことも念頭に入れながら、代行業者を選ぶ必要があるのです。

会社設立代行業者ランキングにランクインする司法書士4つの特徴は?

  • 会社設立登記を代行業者に依頼する方が費用が安い
  • 必要であれば提携している、もしくは同じ事務所の税理士を紹介してくれる
  • 必要であれば提携してくれる、もしくは同じ事務所の弁護士を紹介してくれる
  • 会社設立後も、各専門分野の専門家が相談やサポートしてくれる

人気の高い会社設立業者は、安い費用で、必要なサポートを提供することが可能な司法書士のなっています。

上記の4つの特徴をしっかり押さえて代行依頼する司法書士をさがせば、きっとランキングトップに入る代行事務所に行きつくはずなのです。

会社設立後になぜ司法書士から税理士への紹介が必要になるのか?

税の専門家である税理士は、会社運営の中で決算報告、税金の申請、また節税方法、資金調達までといった財務、税務において様々なサポートやアドバイスををしてくれます。

そのため、会社設立時だけでなく、会社設立後の税金に関することはもちろん、当面の事業資金ともなる助成金や補助金など会社経営を軌道にのせるための有利な情報も提供してくれるのです。

 

助成金と補助金は返済義務がない制度

国や地方自治体は、管轄する地域の企業に対して、さらに事業展開をするためや資金繰りの為に、返済義務のない助成金や補助金といった制度を設けている場合があります。

しかし、助成金と補助金とは別の制度になるので、ここではそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

助成金とは

  • 必要な支給条件を満たせば受給することが可能
  • 書類整備は不要
  • 会計検査院による検査なし
  • 返済義務なし
  • 助成金支給は後払いとなる

補助金とは

  • 事業計画書などの補助金が必要であることを証明する書類が必要
  • 審査によって支給対象にならない場合もなる
  • 確かに事業に使ったという書類(支払い証憑)提出が必要。
  • 会計検査によって計画に見合った使われ方がしたかどうか事後チェック
  • 返済義務はなし
  • 補助金支給は後払いとなる

どちらの制度も支給が後払いとなり、たとえば200万円の設備投資のうち100万円の助成金や補助金を支給してもらう場合は、一旦自分が200万全額を支払って設備投資し、その後助成金、もしくは補助金の100万円を受け取る形になります。

補助金も助成金も返済義務が生じないことが、この制度の大きな魅力です。

このようなに、素人ではなかなか情報を得られない補助金や助成金にはどのようなものがあるのか、また必要条件をきちんと満たしているかといった判断も税理士がアドバイス、サポートしてくれるので、初めて活用する企業家も安心して申請をするこができます。

司法書士の場合、会社設立の手続き代行はできても、このような税金や資金調達に関する分野は専門外となるため、どうしても税理士の力が必要になってくるのです。

そのため、会社設立後は司法書士から税理士を紹介してもらう企業家が多いようです。

 

品川区で会社設立ランキング1位↓
0円で会社設立ができるのはコチラ
hibiki

  • 品川区 会社設立 弁護士
  • 品川区 会社設立 自分で
  • 品川区 会社設立 行政書士