的確な会社設立で

当時、9歳くらいの少女だったとおもいます。

私とは15局くらい対戦、私のほうが少し負け越しました。

私の棋力も当時は5段程度だったか、たいしたことはなかったですが
ともかく相手の手が速く、的確な会社設立でこんなに小さいのになんで
そんなに強いのか、、と不思議な感覚でしたね。

局後に感想戦をやりましたが、ともかく相手はひとこともしゃべり
ませんでした。。。

そのことが逆に印象に残っていますが、15局も対戦しておいて、
まだ一度も会話してないわけですね。(苦笑)

その後、その9歳の少女は順調に強くなり、小学校6年生の時に
小学生名人になりそこねます、、

完全に勝ち碁だったのですが、終盤に失着、、相手の小学校2年生に
負けてしまいました。

SNSでもご購読できます。